Woman

病気の改善

Female

医学的な歴史

地球などに比べると人の歴史はかなり浅いものです。その浅い人の歴史よりも、医学的な歴史はもっと浅いものです。でも人間は工夫をしながら、病気などを改善するためにいろんな研究をしています。昔は結核などは、今のがんの病気と同じような扱われ方をしていました。それだけ死亡率が高いものだったのです。でも現代の医学では結核予防され、なったとしてもきちんと完治するものとなっています。ですからいずれがんの治療も完治するものと期待が持てるでしょう。最近はがんの治療として、免疫治療が脚光を浴びてます。免疫治療は今までのがんの治療と全く違う考え方で、人間の免疫力を鍛える治療なのです。ですから副作用の心配もなく、とても効果の期待できるものなのです。

監視している免疫細胞

人は健康診断を受けていても、病気にかかってしまうものです。それは体の中でも同じようなことが言えるのです。基本的に人の体の中では、健康診断のような役割をする免疫細胞が監視をしていますので、体内に異物が侵入したり生成されたりすると、すぐに攻撃を始めて除去してしまうのです。ですから病気にはならないものなのです。でも免疫細胞も見過ごすこともあったり、悪い細胞が良いふりをして増殖したりしてしまうのです。そのために病気となってしまうことがあるのです。それががん細胞のようなものであれば、免疫細胞も力不足となってしまいますので、免疫治療を行うのです。免疫治療は、免疫細胞をいちど取り出して、強くしてから体内にもう一度投与するのです。そうすることで癌細胞を除去できるようになるのです。